ばっくれ太郎・専門学校生編その3

スポンサーリンク

ばっくれ太郎・専門学校生編その3

初めての彼女、真剣な恋愛、キス、セック●・・でもお別れ、別れた原因は。。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

久しぶりに書くことになる、専門学校で初めての真剣な恋愛をすることになる。。相手は俺より2つ上だった、短期大学行った後にこの専門学校へ来たみたい。。やっぱ専門学校とかだと年上の人もいた、最長は25歳の人とか。。彼女はクラスも上のクラスでTOEICは何点か忘れたけど、英検は2級持っていた。。(英語の専門学校通う人はだいたい準2級は当たり前に取り、2級も結構持ってる人いた)こんな彼女との出会いのきっかけはなんか隣の席同士の人とコミュニケーション取るため話すことになるんだけど全部英語で話さなければならないオリエンテーションがあって、2分くらいしたら席を前後させて次は前の人と話すとそんな感じでクラスの人全員と話すんだけど、その時に話してお互い趣味や聴く音楽が同じでBSBの大ファンということがきっかけでCD交換したりしてくうちに、マック行ったりするようになった。。今思えば落ちこぼれの校内で俺と一緒に歩くのも恥ずかしいと思うのに、何も気にせず俺なんかと仲良くしてくれていい娘だったと思うよ。。そんで、SE●までいくんだけど、きっかけは夏休みで英語を彼女に教えてもらうことになって、(その頃彼女は一人暮らししてて(学校紹介の寮?)バイトもしてた)一緒に勉強(課題)しようということになって、それなら私の家おいでよってなって、彼女の家に行くことになる、その頃はキスもまだでデートもほとんどしてなく、帰りにマックよったりミスド行ったりするくらいの関係だった。。そしてSE●いかないにしろ、彼女の家に行くんだキスはしたいと思ってその日は無茶緊張したの覚えてる

ー次に続くー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする