かまいたちの夜・攻略

かまいたちの夜概要

かまいたちの夜

自分はスーパーファミコンでやりました、この制作会社ののノベルでやったのは弟切草と夜光虫とこのかまいたちの夜になるけど、とくにこのかまいたちの夜は選択肢の分岐で全然違う展開になってしまうというゲームです。。人気も多分あって映画化?ドラマだったかもされています。(主演者は藤原竜也だったと思った)


かまいたちの夜のあらすじ

スキー旅行に出かけた主人公・透と彼のガールフレンド・真理。旅行の宿泊先であるペンション「シュプール」は真理の叔父が経営しており、シーズンともなるとスキーや料理を目当てに訪れる客で繁盛する。 美味しい夕食を堪能した後に宿泊客のOL三人組が部屋へ戻ると、部屋の前に一切れの紙が置いてあった。 「こんや、12じ、だれかがしぬ」 誰かのいたずらかと思われたそれは、12時よりも前に、突然起こった……。


分岐

1章 ゲレンデにて

  • 主人公の名前を入力
  • A:どうせぼくは滑るより転がるほうが似合ってますよ
  • B:そ、そんなに太ったかな?

2章 ペンション「シュプール」

  • A:一旦、部屋に戻って着替えると、玄関脇の談話室で落ち合うことにした
  • B:一旦部屋に戻って着替えてから、夕食までどちらかの部屋で話でもしようということになった

  • A:「な、何言ってんだよ!そんなつもりじゃ……」ぼくはドギマギした
  • B:「愚問だよ、ハニー。ぼくの好みは、ベイベー、君だけさ!」ぼくはチッチッチッと指を振った
  • C:「待ってて、じっくり吟味するから」ぼくはなめるように視線を向けた
    • A:「あのやせて髪の長い子だな!」ぼくは鼻の下をのばした
    • B:「ほら、あの太めの子!ああいうのがいいな」ぼくは舌なめずりをした
    • C:「あの眼鏡の子なんか、いいねえ」ぼくは腕ぐみをしてウーンとうなった

3章 香山夫妻到着

  • A:「……うん」ぼくは正直に答えた
  • B:「真理の方が、ずっときれいさ」ぼくはお世辞を言った

4章 夕食だ!

  • A:「きれいだ」外国映画の男優のように、スマートに決めた
  • B:「君の瞳に乾杯」ハンフリー・ボガードを気取った
  • C:「セクシーだよ」007のように甘く危険な香りを漂わせた

  • A:「しかし、ヤクザがこんなところに……?」
  • B:「あの人、ヤクザかなあ?」ぼくは真理に意見を求めた

  • A:「え?……ああ、もちろん」ぼくは笑顔を返した
  • B:「嫌だよ、バイトあるのに」こっちの都合も考えてくれよ……
  • C:「もちろん宿泊代は、タダなんだろうね!」こういうことはキチッと念を押しておかなければ

5章 謎のメッセージ

  • A:「冗談じゃないよ。何でぼくがよく知りもしない彼女達にそんなこと……」ぼくはおどろいて抗議した
  • B:「ばれたか。実はそうなんだ」ぼくはにやにや笑いながら言った

6章 今日の終わり値

7章 就職への誘い

  • A:「まだ先の話なんで……」ぼくは無難な返事をしておいた
    • A:「そ、そうですね……考えておきます」なんとかこの話題を終わらせたかった
    • B:「分かりました。お願いします」ぼくは、腹をくくった
      • A:「真理、結婚して一緒に大阪に来てくれ!」ついでにプロポーズもしてしまえ!
        終 No1 社長やってますわ
      • B:「すいません、香山さん。やっぱりちょっとまだ……」真理と離れ離れでは、意味がない
  • B:「はい!ぜひお願いします!」ぼくは力をこめて言った
    • A:「ええ。ですから、お願いします」ぼくはもう一度繰り返した
      • A:「真理、結婚して一緒に大阪に来てくれ!」ついでにプロポーズもしてしまえ!
        終 No1 社長やってますわ
      • B:「すいません、香山さん。やっぱりちょっとまだ……」真理と離れ離れでは、意味がない
    • B:「やっぱり、もう少しよく考えてみます」やはり人生の重大事をそう簡単に決めてはいけないかな、と思い直した

  • A:「ぼくも少しだけ」控え目に言った
  • B:「ワンケースもあれば十分です」酒に強い所を見せてやろうと思った
  • C:「タダですか?」念を押した

8章 遅れて来た客

  • A:「そうですね」ぼくはあいづちを打った
  • B:「そうは思いませんね」ぼくは逆らった

  • A:ぼくは特に何も言わなかった
  • B:「ほんとうですね。最近の若い女は……まったく……」
  • C:「ああいうのって、上司のしつけなんですよね。結局……」ぼくはため息まじりに、しみじみと語った

9章 鳩のなく夜

  • A:大雪で閉じ込められて、飢え死になんて、って言ってたんです
  • B:スープにゴキブリが入ってたんですよ
  • C:いやね……今夜誰かが死ぬ……なんて脅迫状があったんですよ

10章 マネキン人形のように

11章 かまいたち

12章 犯人はペンションの中?

  • A:一階から調べましょう
  • B:二階から調べましょう
    • 13章選択肢へ

13章 黒猫

  • A:それなら今度は香山さんが前に立ったらどうですか?
  • B:ぼくはむっとしながらも黙っていた

14章 わき上がる疑惑

  • A:犯人は、もっと前からペンションの中に入りこんでいたんじゃないだろうか?
    • A:できるわけがない
      • A:地下だ!地下から穴を掘って地下室へ侵入したんだ!
      • B:犯人は中へ入ることなく、外から田中さんを殺したのだ
      • C:正面から入ってきたが、誰にも見えなかったのだ
        A:犯人は……ぼくだ
        B:犯人は……犯人は……君だよ。真理
        C:犯人は当然ぼくでも真理でもなく……
        犯人の名前を入力
        【みきもと】を入力(文字を反転) ⇒クリアフラグ1
    • B:バナナの手品を応用すれば……
    • C:部屋自体に、仕掛けがあったとしたら……
  • B:ぼく達の中に、アリバイのない人がいることに気がついた

⇒クリアフラグ1

  • A:確かに、そんなことはできないね
    • A:死体をバラバラにする時間はなかったけど、田中さんを殺すだけならできたはずだ
    • B:田中さんを殺すことができなかったのは確かだけど……鈴木さんなら殺せたんじゃないかな
      • A:そうだ!猫のジェニーを使ったに違いない
        完 No4 一本背負い
      • B:雪だ。雪を使って何かできないだろうか?
        A:「ぼくのことなら気にしないで、早く取り押さえて下さい!」とぼくは叫んだ
        B:「俊夫さん、今はこいつの言う通りにしておいて下さい」とぼくは冷や汗を流しながら言った

        A:ぼくは無我夢中で叫びながら、美樹本の背中に体当たりした
        完 No2 必死の体当たり
        B:折れた腕のせいで何もできない自分に歯がゆさを感じていた
        完 No3 おまじない

  • B:美樹本さんが、実はもっと早く到着していたとしたら、田中さんをバラバラにするのも可能になる

15章 決死隊

  • A:ぼくも一緒に行きます
    • A:とにかく、右側に進んでみた
      • A:さらに進むことにした
      • B:元に戻った方がいいと思った
        A:どんどん進むことにした
        B:やっぱり反対側のような気がした
    • B:なんとなく左側に進んでみた
    • 17章選択肢へ
  • B:「……」ぼくは真理のそばにいてやろうと思って、黙っていた
    • 18章へ

16章 襲われた美樹本

17章 皆殺しへの恐怖

  • A:「……そうかもしれませんね」ぼくは恐怖に震えた
  • B:「じょ、冗談じゃないですよ!なんでそんなこと…」ぼくは不安を押し隠して、香山さんをたしなめた

18章 疑心暗鬼

  • A:「……30分もあれば、なんとかなるんじゃないですか」ぼくは少し考えたのちに言った
  • B:「10分ぐらいかな?」ぼくは適当に言った

19章 第二の殺人

20章 醜いあらそい

21章 テレビニュース

  • A:身元を隠すため?
  • B:どこかへ運ぶため?
  • C:恨み?

22章 みどりさんはなぜ……?

  • A:……いえ。構いません。俊夫さん、行きましょう
    • A:セッケンを使ったかどうか、調べることにした
    • B:バスタブを使ったあとがあるかどうか、調べることにした
    • C:バスタオルが湿っているかどうか、調べることにした
  • B:すいませんけど、他の人にしてください
    • 終 No5 廊下で人影に……

23章 ひとつの推理

  • A:田中さんを殺した犯人は分かったよ
  • B:みどりさんを殺した犯人は分かったよ
  • C:すべての事件の犯人が分かったよ
    • A:「もちろんだ」ぼくはきっぱりと答えた
    • B:「田中さんを殺した犯人?そんな奴は知らないね」ぼくは言った
      • A:犯人は……ぼくだ
        終 No6 冗談なのに……
      • B:犯人は……犯人は……君だよ。真理
      • C:犯人は当然ぼくでも真理でもなく……
        犯人の名前を入力
        【みきもと】を入力 ⇒ 終 No7 俊夫の自殺
  • D:いや、やっぱり、今の時点では犯人は限定できない

  • A:「……あります」ぼくは胸を張って言った
  • B:「正直言うと……自信ないです」ぼくは少しためらった後で答えた

24章 地下室への監禁

25章 長い夜の始まり

  • A:といって、一晩どちらかの部屋で過ごそうと声をかけるのも何だかためらわれた
  • B:ぼくは思い切って言った「真理。ぼくの部屋に来ないか」
    • A:ぼくは黙って手を伸ばすと、彼女の手を軽く握った
    • B:ぼくは彼女の隣に座ると、肩に腕を回した
      • A:こんな状況では、とてもいちゃつく気になどなれなかった
      • B:真理の体を引き寄せ、キスしようとした

26章 悲鳴

  • A:一刻も早く真理の元へ行こうと思った
    • A:ぼくは、香山さんが地下室にいるのかどうか、確認するのが先だと思った
      • 28章選択肢へ
    • B:一刻も早く小林さん達の様子を見に行こうと思った
      • 29章へ
  • B:ドアを叩きまわって助けを呼ぼうと思った
    • A:真理に違いない
      • 29章へ
    • B:犯人に違いない
      • 終 No8 彼女を階段から……

27章 地下室へ

28章 犯人は俊夫さんしかいない!

  • A:真理の前で弱音は吐けない
  • B:もうこんな所は逃げ出した方がいい

  • A:今の状況では、取るに足らないことだと判断して、無視することにした
  • B:ごくりと唾を飲み込んで、ドアに近づいた
    • A:真理のことが心配になって、ぼくは再び駆け出した
    • B:ぼくは慎重にロックをはずすと、ドアを小さく押し開けた
      • A:ぼくは意を決して、荒れ狂う吹雪の中に足を踏み出した
        A:しかし一人では無理でも複数なら……。ぼくは恐ろしい想像をした
        終 No12 その人影は……
        B:もしや、香山さんが……。そういえば、香山さんの脈を取ってなかったことを思い出した
        A:そんなはずはない。香山さんは確かに死んでいた
        終 No12 その人影は……
        B:香山さんが本当に死んでいることを確認する必要があると思った
        A:あいつだ
        犯人の名前を入力
        【はるこ】を入力(文字を反転) ⇒ 終 No10 鍵をはずして眠りに……
        【みきもと】を入力(文字を反転) ⇒ 終 No11 彼女が美樹本を……
        他の名前を入力 ⇒ 終 No12 その人影は……
        B:真理だ
        終 No9 彼女をモップで……
        C:ぼくだ
        A:あいつだ へ
        B:真理だ へ
      • B:一刻も早く、真理の元に戻ろうと思った

29章 チャイムが…

  • A:助けなんか来るはずがない、これはワナだ
    • A:やはり、彼女一人を放っておくわけにはいかない
    • B:彼女を助けに行ってる間に俊夫さんがこの部屋に入ってくるかもしれないと思った
  • B:よかった、これで助かった

30章 サバイバルゲーム

  • 終 No13 彼女にストックで……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする